着物買取に必要なもの



身分証明書と着物の証紙が必要

着物を処分しようと思ったけど、なんとなく名残惜しく感じてしまいますよね。大切に愛用してきた着物ですから、手放すとなると寂しくなってしまうものです。

着物の査定は、さまざまな着物買取専門店で行うことが可能なってきています。

ですが、着物の買取をするときに必要なものについて、知らないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、着物の買取に必要なものをご紹介したいと思います。

着物査定には、

・身分証明書
・着物の証紙

この2点はどの買取専門店でも、とても重要な書類となっています。

身分証明書

身分証明書は、買取をするときに必ず必要になるものです。

これがないと買取はしてもらうことができません。

いろいろな身分証明書がありますが、代表的なのは運転免許証・健康保険証・パスポートなどがあり、現在住んでいる住所、名前、生年月日が記載されたものが必要となります。

有効期限が切れてしまったものは、もちろん使えないので注意してくださいね!

着物の証紙

証紙とは、着物の産地を証明する紙になります。

登録商標ですので、ここで作られた着物ですよ、と証明するためのものです。

有名作家やブランドなどの着物には、必ず付いてきます。

価値のある高級な着物でも、見分けがつきずらいものもありますので、そのような時にこの証紙が必要となるのです。

着物を高く売りたいという場合は、証紙を一緒にもっていくことを忘れずにしてくださいね。

しかし証紙は、大量生産されているような比較的安価な着物には絶対についてきません。

証紙がなくても、着物の買取をすることはできるようになっています。

ですが、証紙があるのとないのとでは着物の買取価格に大きな変動があるようです。

もともと証紙があるかないかわからない価格の低い着物ですとそれほど変わりがないかもしれませんが、高級な着物になるほど証紙は必ずあった方が高価買取が期待できます。

買取を申し込む前に、証紙があるか探すと良いかと思います。

査定のときに少しでも印象をよくするためにも

上記でものべましたが、着物買取には身分証明書が必ず必要となります。

それ以外の物では、かならず準備しておいたほうが良いということはなさそうです。

査定のときに少しでも印象をよくしたいと思うのならば、たとう紙がついていると良い印象を残せるでしょう。

たとう紙とは、着物を包むための紙になります。

着物を買ったときには、必ず付いてくると言ってもよいでしょう。

たとう紙がないと査定額が低くなるということはありませんが、着物の保存状態をよくするためにたとう紙は適しているので、査定するときに一緒に出すことで好印象を与えることが可能です。

着物を購入したときに、たとう紙を捨てないように気を付けましょう。