【高額査定】おすすめの着物買取専門店を徹底比較! > 着物買取 不安・悩み > 訪問買取と宅配買取メリットが多いのはどっち?

訪問買取と宅配買取メリットが多いのはどっち?



手間が少ない訪問買取業者を利用するのがオススメ

店頭買取は、字の通り「お店へ着物を持ち込み買取をする」という方法になります。

たくさんある一般的なリサイクルショップや古着屋の店舗ですが、着物の買取で利用するのは避けた方がよさそうです。

リサイクルショップなどでは、着物の知識を持った人がいることが稀なので、着物の価値にマッチした査定をしてもらえないケースがほとんどです。

せっかく高価買取が期待できる着物でも、二束三文になることが多いようです。

なので着物を売る時には、着物の査定をするプロがいる着物買取専門店を利用しましょう。

持ち込みでの買取では、お店まで大量の着物などを持っていかなくてはいけません。

車があって移動がスムーズにでき、店舗が家のすぐ近くという方でしたら、店舗での買取も良いかもしれません。

ですが、そのような条件が揃っているという人は少ないと思います。

そのような手間を少しでも省きたい、という人には訪問買取や宅配買取という方法もありますよ。

訪問買取とは、買取サイトのスタッフが直接自宅まで来て着物の査定をしてくれるサービスです。

宅配買取とは、売りたい着物を宅急便で発送し、お店で査定してもらうサービスです。

どちらにもメリット・デメリットがありますが、手間が少ない訪問買取業者を利用するのがオススメです。

訪問買取

メリット

手間がかからないという事が訪問買取の大きなメリットです。
訪問買取の1番のメリットである、着物のお店まで持っていくという手間がない、宅急便で送る煩わしさがないということです。
自宅まで着物査定のスタッフが来てくれるわけですから、着物をタンスから出すのが面倒というのならタンスのある部屋まで来てもらって査定してもらうこともできます。
査定額に納得できない場合は、そのままタンスに戻すだけでいいのです。

査定の説明を聞くことができる
自宅で目の前で査定をしてくれるので、買取価格がどうしてその値段になったのか説明を聞くことができます。
「もう少し買取価格が高くなると思っていたのにどうしてこの価格?」という質問に対して「ここに○○のシミや汚れがあるから」など詳しく説明してくれます。

買取価格をその場で受け取れる
買取価格に納得し着物を売ることを決めると、その場で買取代金を受け取れることができます。
代金を即、手にいれることができるというのは、大きなメリットといえると思います。

着物をすぐに売りたいという場合は、訪問買取を利用するのが1番簡単に売れる方法だと言えます。

デメリット

地域によって訪問してもらえない場所があるようです。
訪問買取をするには、その地域に査定スタッフがいないといけないので、買取業者も努力をしなくてはいけないからです。
もしも、訪問買取の該当エリア外に住んでいるのなら、訪問買取は諦めなくてはいけないかもしれません。

宅配買取

メリット

梱包して、送るだけで良い
自分の時間があるときに、着物を段ボールなどに梱包して宅配買取のお店に送るだけでOK。
時間に拘束されることがないので、時間があまりない人にオススメの方法です。

代金は銀行振り込みになる
お店で鑑定して査定額が決まると、メールで連絡がきます。
着物を売ることを決めたら、宅配買取のお店から銀行振り込みで査定額が振り込まれます。

梱包して送るだけで着物を売ることができるので、時間がない人にオススメの方法です。

デメリット

電話やメールのみのやり取りになり、まとめて○○円と連絡がくることが多いので、査定価格の詳しい説明を聞くことができません。
買取価格に納得することができないかもしれません。
買取をキャンセルすることもできますが、送り返してもらう送料は自己負担になる可能性も。
宅急便との発送時のやり取りや、買取価格に納得できなかった場合にももう1度、宅急便の対応をしなくてはいけません。
送りかえってきた着物の開梱したりする手間があります。