着物の買取相場ってどのくらい?



査定に出す前に着物の相場を知っておくことも大事

着物を売ろう!と思ったとき、どれくらいの値段で売れるのかな?と気になりますよね。着物を買うときは値段が高いものが多いので、処分するとしてもちょっとでも高く売りたいと思うものです。

買取価格は、時期や流行っている柄かなどで買取価格は変わってくるので「着物の買取相場はいくらです」とハッキリとお伝えすることはできません。

生地・素材・状態などによっても、買取価格は変わってきます。購入したときに何十万円もした着物でも、高く買ってもらえるとは限りません。逆に、思ったより高く売ることができた!なんてこともあります。

着物の査定は、とても難しく着物の知識があるプロでないと見合った査定金額を算出することはできないのです。

古着屋やリサイクルショップなどでは、着物の知識を持った人がいないことがほとんどなので適切な査定をしてもらえず損をしてしまう可能性が高いです。

着物買取専門店ですと、査定のプロが適した査定額を提示してくれるので安心です。ですが、それでも本当に提示額が相場なのかな?と心配になってしまうこともあるでしょう。

もちろん、相場通りの査定額が必ず付くということは難しいですが、査定に出す前に着物の相場をなんとなくでも知っておくと良いですよ。

着物の買取相場

汚れ・シミ・ウール・ポリエステルなど・・・0~5000円くらい
新品・絹・10年以内・・・約5000円~20000円くらい
伝統工芸品・証紙付き・有名作品・・・相場なし

金額は目安になりますので参考程度にしてくださいね。

大体の相場としては、新品で購入したときの約10%の金額で買取されているようです。正絹・未使用・シミや汚れがない・有名作家・伝統工芸品・丈が長いなどの着物はある程度高い査定金額になるようです。

着物の買取は、思っていたより低いなという印象を受けたかと思います。ですが、何も知らないで査定に出すとショックを受けてしまいますので事前に相場を知っておくことも必要かもしれません。

買取の相場をなんとなくつかんでおくことで、査定の目安になると思います。着物は「誂えもの(あつらえもの)」になります。

誂えものとは、注文して作ったもの=オーダーメイドになりますので、同じ物がない1点ものになります。着物を作った方のサイズに合わせて仕立てているので、未使用・未着用で生地が良いものでも、買取価格は下がってしまいます。

丈の長さがあり、下手直しがきいたり、いつの時代でもニーズがある柄や色ですと買い取ってもらうことができます。