着物を売る際の流れ



店頭買取

近くにあるお店に着物を持ち込んで、買い取ってもらう方法です。

着物や小物と一緒に、身分証明書を持っていくことですぐに査定してもらえることができます。

査定をするスタッフと直接話すことができるので、交渉をすることも可能です。

宅配買取

着物を段ボールなどに梱包して、着物買取専門店に宅配で送る方法です。

お店から遠い場所に住んでいたり、近くに着物買取店がないという方にオススメの方法です。

電話やインターネットなどで申込みをし、着物を梱包して送るだけでOK。

梱包などの少しの手間はありますが、すべてのことを家でできるのが魅力です。

着物がお店に到着したら、着物の査定をしてくれます。

メールか電話で査定額の連絡がきて、銀行振り込みとなります。

出張買取

出張買取は、担当者が自宅まで来てくれて着物の査定から買取までをしてくれます。

着物や小物の量が多かったり、お店が遠いという方にオススメの方法です。

自宅まで電話やメールでの申し込み1本で担当者が来てくれます。

着物の出張買取をしている業者はたくさんありますが大体の流れは、公式サイトから申し込む→自宅に担当者が来て着物の査定をする→査定額に納得したら買取をしてもらう、このようになります。

査定を公式サイトから申し込むと、折り返し連絡がきて買取訪問の予定を組んでくれます。場所によりますが早ければ30分ほどで買取にきてくれることもあるようです。

着物の査定は、枚数や担当者によりますが気になるほどの時間がかからないで終わります。その場で査定額がわかるので、納得することができたらそのまま買取してもらえます。

もし査定額に納得することができなかったら、買取をキャンセルすることもできます。その場合も、キャンセル料がかからないことが多いです。自宅に来てもらうので断りずらいかもしれませんが、そこは気にせずにキャンセルしましょう。

出張買取のメリット・デメリット

出張買取を利用するメリットは、自宅で担当者が来てくれてその場で査定~買取ができるので移動などの手間がなく簡単にすますことができます。着物をたたみ直すことや梱包するといった必要がないのが、ラクですよね。

査定と買取を自宅でしてもらうことができ、買取金額をすぐに受け取ることができるのが1番のメリットですね。査定額の理由をしっかりと聞くことができるので、安心してお任せすることができます。

デメリットは、自宅に知らない人が来るということでしょうか。もし1対1で話すのが不安な人は、家族や知人に一緒にいてもらうと安心ですよ。

家の中ではなく、玄関先でも買取査定もできますので1番良い方法を選んでくださいね。出張買取は、査定の様子を間近で見れて説明を受けることができるのも魅力の一つです。納得した買取価格で、大切な着物を売ることができると良いですね!